山田孝之と山口友敬が生みだすする江戸ガラスが販売開始!

標準

ワイン水飲み水飲みやシャンパーン水飲みを集団している人も多いが、こんな水飲みはどうだろうか。

行為者?氏と山口友敬氏が生みだすする「FORIEDGEフォリエッジ東京はり」は、行為者?山田孝之と山口友敬の2人が取り組む「傾奇者PROJECT」かぶきものプロジェクトの作品だ。

傾奇者とは、戦国時代末期から東京時代初期に、東京や京都などの都市部で流行した、異風を好み、派手な身なりをして、常識を逸脱した行動に走る者。そこから派生して、常識に囚われない、型破りな変わった人をいう。

「FORIEDGEフォリエッジ東京はり」は、その、変わっていて日常にはない「違和感」がブランドの軸となっており、すべての商品は足が曲がったユニークな形をしている。

同時に、見た目のデザイン性としっかりと安定して置けるという実用性も兼ね備え、水飲みを支える台座の部分も少し大きくし、バランスを取っている。

赤ワイン、白ワイン、シャンパーン水飲みは足が曲がっているだけでなく、器の部分が凹んでいることも大きな特徴だ。これらすべての商品は、東京はりの職人がひとつ一つ手づくりで制作。唯一無二のかたちは、豊かな歴史と技を持つ職人が、足の曲げや器の凹みを調整することにより生み出されているのだ。

この「FORIEDGE東京はり」は、クラウドファンディングサービス「Makuake」の人気プロダクトだったが、このたび、梅田蔦屋書店でも出荷経始。非日常な水飲みで、新年の幕開けを祝ってみてはいかがだろうか。

Takako.S

■商品名 FORIEDGE東京はり
■出荷価格 13,500円税別~
■URL http://real.tsite.jp/umeda/event/2017/12/post-439.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です