まるで万物空間。ノース?フェイスの「Shuttle Daypack」は物持ちのためのバックパックだ

標準

からの転載

内辺は分野なしの大定員。

パーソナルコンピューターや頂上TEL、鍵盤に折りたたみ傘。足手纏を耐久性運ぶ時に、欠かせない大定員の裏束。

多量の銘柄が様々な作り人から出ていますが、大定員でちょっと考案性もという方には子?フェースの裏束「Shuttle Daypack」がおすすめ。内辺に分野がない利巧、自由にものを入れられる快適さと複数の小型ポケットが搭載された裏束です。

大定員の裏束

Photo: GENE TV

Shuttle Daypackの一番のポイントが定員。合計3部屋あります。一番外側は、小型スペースで財布やスマートTELを入れておけるスペース。小型のポケットが複数ついているので、ものを分けていれておけます。

Photo: GENE TV

真ん中のスペースは、折りたたみ傘を横向きで入れられるほどのスペース。この万物区間に何を入れるかは、利用者さん次第ですね。鍵盤や頂上TELなど大型のものを入れられます。

あと、見ての通り、分野がないというのも嬉しいポイント。分野があったら、入る量は同じでも、大きなものは入れられませんからね。物耐久性には嬉しい裏束と言えそうです。

Photo: GENE TV

背中側のチャックには、Macbookと書類が入るスペースがあります。パーソナルコンピュータースペースと書類スペースがしっかりと区分けされているので、使い勝手が良さそう。15インチのパーソナルコンピューターでも余裕で入ります。

自立型裏束

Photo: GENE TV

あと、特徴をあげるとしたら、自立型というところですね。裏束を選ぶ時に一つポイントとなるのが、自立するかどうか。床に置いた時に、倒れるのはなんとなく嫌という人はいるでしょう。

特にパーソナルコンピューター入れているときに、突然倒れられたらちょっと心配になりますよね。Shuttle Daypackは自立型で、安定して立ってくれますよ。見た目も割とシンプルなので、シーンを選ばす使えそうです。

この子?フェースの裏束「Shuttle Daypack」は、Amazonで購入できます。色も10銘柄あり、グレー、ネイビー、ブラックなど気に入った色が見つかるかも。大定員の裏束を探しているという方は、チェックしてみてはどうでしょうか。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページよりご確認ください。

[ザ?子?フェース] リュック Shuttle Daypack NM81602 K ブラック

¥13,400 詳細はこちら

[Amazon]、[]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です